旦那の”ガラクタ”で1 LDKの部屋が狭くて不満 「履かない靴を展示する意味がわかりません」という新婚妻に反響

履かない靴を飾る夫に……

履かない靴を飾る夫に……

他人から見ればガラクタでも、本人にとっては宝物――というのはよくある話です。掲示板ミクルに11月20日、「旦那のガラクタや、靴のせいで狭い。」という相談がありました。

投稿者は1LDKのマンション暮らし。「妊活はこれから」という新婚の妻です。収納スペースはあまりないものの、新婚のうちは大丈夫だろうと、家賃の安さや環境などで新居を決めました。ところが、夫が独身のころから集めていたアンティーク品や、一足数万円するナイキのエアジョーダンなどが15足くらいあり、そのうち11点がガラスのショーケースに飾ってあるとのことです。一方、投稿者は、あまりものを置かない生活感のない部屋が好きで、

「履かない靴を展示する意味がわかりません」

と訴えます。下駄箱に入れるならまだしも、「見えるように置きたい」と言う夫に、苛立ちを隠しきれない様子です。(文:篠原みつき)

「捨てて」と迫る妻、承諾したものの”落ち込み具合が半端ない”夫