世帯年収1000万円超の貯蓄事情「地方都市で家賃6万円。毎月50万円貯金していた時期も」

浪費や消費を抑えながらせっせと貯蓄

浪費や消費を抑えながらせっせと貯蓄

世帯年収1000万円を超えると、浪費や消費はそこそこに、貯金や投資に励む堅実な人が多いようだ。岡山県の年収2500万円の40代男性は「普通の暮らし。スーパーで少し良いものが買えたり、子どもの習い事は好きなものをさせてあげたりできる程度」と慎ましい生活を強調する。一方で、

「手取りの半分で生活をして、残りは投資に回しています。iDeCo・NISA・ジュニアNISAは枠いっぱい活用中」

と年間で数百万円の投資していることを打ち明けている。ほかにも、キャリコネニュース読者から寄せられた「世帯年収1000~1200万円の人たちの貯蓄事情と生活感」を紹介する。(文:大渕ともみ)

「趣味は貯金と投資」年収1400万円でも堅実な30代既婚男性