入社後3カ月以内にスピード退職した人々「女性ばかりの職場に男一人で腫れ物扱い」「9時間働いて休憩は10分だった」

仕事をすぐに辞めた人のリアルな声

仕事をすぐに辞めた人のリアルな声

昨今、多くの企業が「社員の定着率向上」に取り組んでいる。少子高齢化社会において人材の確保が困難な状況でもあるため、色々と工夫をする会社もあるが、一方で就職した会社をすぐに辞めたという声も多い。

エンジニアをしていた20代の男性は、「給与が新卒時より低かった。労働環境が悪く、三密環境であった」との理由から1週間で退職した。退職を伝えた際には「当日に退職しろ」と迫られたが、その場で決断し、現在は別の会社で働いている。今回は仕事をすぐに辞めた人のリアルな声に迫っていく。(文:中島雄太)

「「21時までの勤務のはずが、22時まで施術があった」