「社員に優しすぎる」富士通の危うさ 「ノルマなし」でやり手営業マンは外資に流出

日本を代表する総合エレクトロニクスメーカーであり、世界有数の総合ITベンダーでもある富士通。グローバル化の進展で、ここ数年は苦戦が続いているが、意外なことに中で働く人にはあまり大きな影響がないようだ。

富士通の営業で働くTさんは、20代後半の男性。入社6年目のTさんにとって富士通は、良く言えば「優しい会社」、悪く言えば「ぬるい会社」だという。ただTさん自身は、そんなぬるさが不満のようだ。

「個人的には、僕は営業職としてよくやっている方だと思っているし、同期と比べても高い成績を上げている。それなのに自分の給与は、欠勤しがちな同期とあまり変わらない。ある意味、社員にとっては優しい会社なんでしょうけど…」

団体保険は大幅割引、寮費も9000円と格安

富士通は、14年3月期こそ6期ぶりの増収増益を果たしたものの、前年度の最終損益は799億円の赤字。2009年3月期から13年3月期まで5期連続で減収だった。

製品の品質差がメーカー間でほとんどなくなり、アジア企業の格安製品に押されたのが響いた。13年2月末には半導体事業で5000人規模の削減が発表されている。

現在は山本正已社長の下、企業向けクラウドサービスなどに経営資源を集中して業績の「V字回復」を目指している。はたして現場の人々はどのように働き、どのような待遇を受けているのか。Tさんの待遇や生の声、同社の人事制度などから実態を探ってみよう。

Tさんの年収は510万円。うちボーナスは100万円弱だ。月給は35万円で、同世代の中小企業社員からすれば高収入だが、生命保険や損害保険、各種ローンなどを引かれると、1か月の手取りは20万円に満たない。

「それでも自動車ローンや生命保険は、会社で団体割引されるので、かなり安く加入できるので助かっています。特に生保、損保はかなり安く、7割くらい割引されているんじゃないかな。ここが大企業で働くメリットです」

寮費も9000円と格安。駅から遠く建物自体も古いが、光熱費込みということを考えればお得感はかなり高い。ただし、自宅からの通勤時間が2時間以内の人は入居できないので、実質的に地方出身者専用となっている。

「寮住まいは入社5年目までで、6年目からは追い出されます。寮に2年間住んで30歳未満に限られますが、月1万6000円の家賃補助制度もあります」

ダラダラ残業に年功序列の「お情け昇給」も

富士通の給与制度は、年功序列で上がっていく「本給」と、出世して等級に合わせてつく「グレード給」、それに「残業代」で構成されている。

「残業代については、1分単位でしっかり支給されます。自分の場合、月50~60時間の残業で12万円ほど。もちろん必要あるから残業しているんですが、中には明らかに仕事もないのに、残業代目当てでダラダラ居残っている人もいるんです」

本給は、年次が一緒なら誰でも横並びで、20代後半でも10万円に届かない。同期と差がつくのは、グレード給と残業代の金額によるものが大きい。

続きを読むには基本情報登録が必要です