結婚相手に求める年収は1000万円「贅沢ではなく“普通の暮らし”ができたら良い」(30代女性)

お金がないと気持ちに余裕もなくて、ギスギスした生活になる

お金がないと気持ちに余裕もなくて、ギスギスした生活になる

結婚相手に求める条件は、容姿・性格・年齢・家族関係など人によりさまざまだ。もちろん「経済力」も大切なポイントのひとつだろう。キャリコネニュース読者に「結婚相手に求める年収は?」というテーマでアンケートを募ったところ、

「贅沢ではなく普通の暮らしができたら良いです。お金がないと気持ちに余裕もなくて、ギスギスした生活になる」(兵庫県/30代女性/年収300万円)

という声が寄せられた。ちなみに女性が結婚相手に求める年収は1000万円で、自身の年収の3倍以上に及ぶ金額だ。確かに「年収1000万円」という響きには、金銭的な悩みとは縁遠いイメージがある。そのため「普通の暮らし」なら確実に手に入る気がするのかもしれない。

ほかにも「結婚相手に求める年収」について、興味深い声を紹介しよう。(文:大渕ともみ)

40代女性「世帯年収1000万円以下だと子どもにいろいろ我慢させることになる」