【冬の心霊体験】真冬の旅館、夜中に突然友人が壁を叩き始め「子どもが閉じ込められている」

何かがいる……!?

何かがいる……!?

【父と娘の心霊夜話】「怪談」といえば夏のイメージを持つ人も多いが、心霊体験は季節関係なく起こる。筆者は霊感の強い家系に生まれたが、筆者よりさらに霊感の強い父が「冬のスキー場の旅館」で体験した不思議なお話を紹介する。

父の職場にはサークル活動があり、スキー部に所属していた。これは父が30代のある冬、部のメンバー12人で北海道の某有名スキー場に行った時の話だ。そこから少し離れた場所の、とある旅館に宿泊した。(文:コティマム)

→【父と娘の心霊夜話】の最新話はこちらから

廊下の突き当たりにある「地下の引き戸の部屋」 左右隣に部屋はないが……