30年間のパチンコ通いで“貯金ゼロ”という60代女性「幸いにもホールのない地域にマンションを購入したらやめられました」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

30年間のパチンコ通いで“貯金ゼロ”という60代女性「幸いにもホールのない地域にマンションを購入したらやめられました」

カジノ法案で追いやられる「パチンコ業界」

カジノ法案で追いやられる「パチンコ業界」

パチンコを続ける理由は人それぞれ。「負けた分を取り返したい」「生活費を稼ぐため」「パチンコが好きだから」などが挙げられるなか、50代男性(年収450万円)は自身の「愛着」についてパチンコ半生を思い返す。

「無職時代に借金覚悟で挑み、生活費を稼がせてもらったことも。3日ほどで月給以上を稼がせてもらったこともありました。今までに使った総額は不明ですが、多分1000万円は超えています。だからお店に貢いでしまったことの方が多いです。そうした喜怒哀楽から、今は楽しむパチをしています」

そう語る男性だが、現在は「1パチ専門、特に用事がなければパチ屋で時間つぶしをしています」と綴っている。(文:鹿賀大資)

「規制に次ぐ規制には辟易しています」

別の50代男性(流通・小売系/年収200万円)は、「パチスロで少しでもプラスにしなければ生活が厳しい」と身の内を明かす一人だ。そう語るだけあって「収支はプラス1000万円程度」という。

「1日で10万円も負けた時は、さすがにやめたいと思うこともあります。でも理論上、勝てるのを知った上で打っているので。夢を見て無謀なギャンブルを打つような人たちのお陰で、規制に次ぐ規制には辟易しています」

ちなみに男性のパチスロ歴は20年以上。使った総額ついては「分かりません」と述べている。

30代女性(フリーランス/年収2000万円以上)は、昨今の“パチンコ叩き”の風潮に苦言を呈す。女性は「ほとんどの人が生活に困らない程度で通えています」と前置きした上で、

「近年の政府が取り組むカジノ法案によって、なぜかパチンコ業界が追いやられるという問題のすり替え現象が起きています。これは、あたかもパチンコをする多くの人が、人生壊れるほど負けているのにやめられない、といったことを報じるメディアの影響が大きい」

と持論を展開。女性は「パチンコ好きとして辛いです」と胸中を吐露した。

30年間のパチンコ生活から脱したきっかけは

60代女性(パート・アルバイト/年収100万円未満)は、最近まで30年間にわたりパチンコとスロットを続けていたという。使った総額については明かしていないが、「貯金はゼロになりました」という。また30年に及んだパチンコ生活について、

「夫の転勤で知らない土地に移り、寂しさを紛らわせるために始めたのがきっかけです。そこから夫が定年するまで続けていました。やめるタイミングは、幸いにもパチンコ店のない場所にマンションを購入したことです。夫の定年と同時に引っ越しも決まっていて、私もやめようと思っていましたし」

現に引っ越し後は「やめることができました」と有言実行を果たせたようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「パチンコなどギャンブルがやめられない人」【募集】仕事を即行で辞めた人に関するアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
パチンコ歴50年、6000万円勝ったという男性「打ち子を組織化して毎日80万円ほどの収入を得ていました」
「店長呼んでこい!」パチンコ店で出会った”すごい客” 「嘘だったらテメーの命(タマ)とるぞ」
パチンコで計1000万円勝った20代男性「貧困家庭の実家を支えるために始めた。勝つために打つのやめたい」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ