飲食店の時短営業で「夕食難民」が話題に 20代男性の「普段は疲れていて、なかなか自炊できない」に反応続々

「夕食難民」が話題

「夕食難民」が話題

緊急事態宣言により首都圏の飲食店の営業が午後8時までとなった。1月13日放送の情報番組「ZIP!」(日本テレビ)では、都内で仕事帰りに外食できなくなった人たちを「夕食難民」として取り上げた。

夜10時まで働いて夕食難民になった20代男性などを紹介すると、視聴者からはSNSで、「外食は贅沢、自炊しろ」「仕事で疲れて帰ってから自炊は厳しい」などの賛否両論が噴出し、一時トレンド入りするほどの話題となった。(文:okei)

スーパーで唐揚げ弁当を購入「温かいごはんが食べたいです」