高収入だけどギャンブル依存症で悩む30代男性「少なくとも500万は使った。家族に嘘をついてでもパチンコ店に行ってしまう」

ギャンブル依存症で悩む人の声

ギャンブル依存症で悩む人の声

一度でも、ギャンブルという名の”沼”に足を踏み入れてしまうと、そう簡単には抜け出せないようだ。20代男性(サービス系/年収300万円)は「かれこれ8年くらい、パチンコとスロットにハマっている。次第に借金も膨れ上がってきているが、それでも打ちに行ってしまう」と実情を明かす。30代女性(パート・アルバイト/年収100万円)からも、

「4円パチンコ歴16年くらい。今までに300万円以上は使っていると思います」

という声が寄せられている。当たりは大きいが、その分のリスクも伴うのが4円パチンコの宿命か。今や1円パチンコを打つ人も増えているなか、4円パチンコ一筋とは”生粋のギャンブラー気質”といえるだろう。40代男性もその1人だ。(文:鹿賀大資)

「一番はお金を持たないってことですかね」