鉄道会社をやめてプログラマーに転職、年収半減した男性 スクールに80万円投資、紹介されたのは劣悪SES企業

念願のプログラマー転職を果たしたが……

念願のプログラマー転職を果たしたが……

新型コロナウイルスの感染拡大で多くの業界に暗雲が広がる中、不安を感じて異業種転職を考える人もいる。年始に「鉄道会社は辞めるな君」というツイッターアカウントで話題になった20代男性もその一人だ。

東海地方で電車運転士として働いていた男性は、新型コロナに伴う鉄道会社の業績悪化に危機感を覚えてプログラミングスクールに通うことを決めた。半年間にわたり通学した後、念願のプログラマーに転職。ところが、ツイートでは

「授業料に80万消えて、SESにぶちこまれて年収も300万下がり、自由を失った」

と明かし、フォロワーらに「絶対に(現職を)辞めるな」と訴えた。

「基礎の基礎しか学ぶことができないので、あれだけでは実践に活かせないと思います」