「今日も3万使った」と後悔するソシャゲ廃人 「キャリア決済だと湯水のように払っちゃう」と嘆く

1か月で8万使う人も

1か月で8万使う人も

ゲームに課金をするのが当たり前になってきた時代である。昔は据え置きの本体とゲームソフトがあれば、以降は追加料金が発生しなかった。

しかし、今はゲームソフトを購入しても、アップデートで有料コンテンツが追加されるというスタイルも珍しくない。ソフト購入後も、ちょいちょい“Pay to Win”を煽られて数百円程度の追加コンテンツに手を出すユーザーも多いものだ。

また、プレイステーション4からはオンラインサービスも有料化。それもなんか妙に高いんだよね。しばらく遊んでない間に期限が来て、勝手に更新されてて「しまった」ってなっちゃうこともよくある。

ゲームにお金を使い過ぎるというのが、今のゲームユーザーあるあるなのかもしれない。その極地にあるのがソーシャルゲーム。通称“ソシャゲ”だろう。(文:松本ミゾレ)

一瞬で数万円が消える!ソシャゲはまさしく“金食い虫”