【量販店】ビックカメラの平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業

あの会社の社員の平均年収はいくら?

あの会社の社員の平均年収はいくら?

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、家電量販店チェーンのビックカメラ(東証一部)を取り上げます。

ビックカメラ社員の平均年収は435万円

最新データ(2020年8月期)によると、ビックカメラ社員の平均年間給与は435万9534円。前期より30万円ほど減っています。

  • 2016年8月期:464万7800円
  • 2017年8月期:451万6550円
  • 2018年8月期:458万4929円
  • 2019年8月期:466万0763円
  • 2020年8月期:435万9534円

この額には、賞与や基準外賃金(手当など)も含まれています。

企業口コミサイト「キャリコネ」へ投稿された給与明細によると、22歳男性営業担当の年収は288万円。時間外手当と役職手当、住宅手当と家族手当がそれぞれ月1万円支給されています。

この男性によると、残業規制が厳しく「時間内に終わらない仕事は翌日に回すということがあたりまえになっている」といいます。ある意味では望ましいことではありますが、「残業代が減って苦しい」という側面もあるようです。

ビックカメラの2020年8月期の業績は、コロナ禍の影響もあり、売上高は前期比5.2%減の8479億円、営業利益は同47.5%減の121億円まで落ち込みました。

2021年8月期もこの傾向は続き、第1四半期は前年同期比で7.3%減、営業利益は11.6%減です。しかし通期では売上高前期比5.7%増、営業利益同24.3%増を目指しています。

ビックカメラ社員の平均年齢は34歳

次に、従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

ビックカメラ社員の平均年齢は34.4歳。ざっくり言うと、30代半ばで、400万円半ばをもらえるということでしょう。

  • 2016年8月期:4,228人(33.1歳・9.8年)
  • 2017年8月期:4,393人(33.3歳・9.6年)
  • 2018年8月期:4,491人(33.6歳・9.8年)
  • 2019年8月期:4,508人(34.2歳・11.2年)
  • 2020年8月期:4,556人(34.4歳・10.8年)

この数字はビックカメラ本体(単体)のもので、グループ全体では2016年8月期の8,123人から、2020年8月期の9,024人へと4期で1000人近く増えています。

ビックカメラは2020年8月期より、事業セグメントを単一セグメントから「物品販売事業」と「BSデジタル放送事業」の2つに分けています。

2021年8月期上期の売上高構成比は、物品販売事業が98.5%と圧倒的ですが、経常利益は、物品販売事業の39.5億円に対し、BSデジタル放送事業が6.8億円と健闘。BSデジタル放送事業の利益率は高く、経常利益が前年同期比で52.0%増と急増しているところが目を引きます。

環境によって大きく変わる「売れ筋」

ビックカメラの採用サイトによると、正社員(総合職)の中途採用はなく、東京・池袋本部と大阪・天神1号館の法人営業部の事務スタッフが求人を出していました。

家電量販店の売れ筋は、環境によって大きく変わります。2021年8月期の上期売上高は、カメラが前年同期比で27.9%減となる一方で、季節家電が28.7%増と好調です。

消費者の需要の変化を肌身に感じながら、さまざまな工夫をしてみたい人には、魅力的な職場となるかもしれません。

また、ビックカメラには、ソフマップやラネット、コジマ、日本BS放送(BS11 イレブン)など12の連結子会社があります。グループ従業員の約半数は本体以外の会社に属しており、それぞれの会社で人材を募集しています。

—–

元アマゾン社員が入社面接対策を授けます。