「下の子には公立に行ってもらわないとお金が足りない」世帯年収750万円の40代女性の声

下の子には公立に行ってもらわないと……

下の子には公立に行ってもらわないと……

一昔前には「男性は仕事で稼ぎ、女性は家庭を守る」という生活スタイルが主流だったが、現代では共働きが増えてきている。そのおかげで収入が増えた世帯も多くあるが、その分裕福な生活ができるのだろうか。今回は、世帯年収600?800万円のリアルな生活を紹介する。

キャリコネニュース読者の神奈川県の女性(IT関連企業/世帯年収700万円)は「マイホーム購入、毎月の生活費以外に子どもの教育費を作りたいがなかなか難しいと感じる」と語った。(文:中島雄太)

「子どもが中学校、高校に上がるにつれ、外食の頻度は間違いなく減った」