コロナによる業績不振、リストラ…… 経営会議で出た情報、管理職は部下にどこまで共有するべき?

上司と部下との信頼関係

上司と部下との信頼関係

コロナによる業績不振で、経営会議で人材の雇止めやリストラなどの話が出ることが増えてきています。経営層からは「今日出た話は、部下と共有していただいて結構です」「部下にしっかり伝えるように!」と言われることがあります。

しかし、現場を預かる管理職としては、「どこまで本当のことを言ったらいいのか?」「要らぬ不安を抱かせるくらいなら伝えない方がいいのでは……?」と悩むところです。

今回は、”部下に共有していい”と言われた情報を、どのように伝えていけばいいのかお伝えします。(文:働きがい創造研究所社長 田岡英明)

同じ言葉を言われても「この人、本気で言っているのかな?」と不信に思うことも