【広告・衛星放送】東北新社の平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業

これだけもらえる優良企業の社員

これだけもらえる優良企業の社員

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、東証ジャスダックに上場している東北新社を取り上げます。

東北新社社員の平均年収は「5百万円」?

最新データ(2020年3月期)によると、東北新社社員の平均年間給与は5百万円。2017年3月期までは千円単位まで出していましたが、翌期からは百万円単位までしか出しておらず、400万円台を四捨五入している可能性もあります。

  • 2016年3月期:609.8万円
  • 2017年3月期:603.8万円
  • 2018年3月期:6百万円
  • 2019年3月期:6百万円
  • 2020年3月期:5百万円

この額には基準外賃金(手当等)および賞与が含まれています。

企業口コミサイト「キャリコネ」への投稿によると、30代前半男性の年収は450万円。出世について「中途が有利。プロパーに厳しい印象だった」と書き残しています。

東北新社といえば、菅首相の長男が社員として在籍していることで話題となっていますが、「キャリコネ」にもこんな口コミが投稿されています。

「最高顧問(創業者の故・植村伴次郎氏)が秋田県出身であるところから、東北地方出身者や血縁関係にある人たちが重宝されます。上の人が気に入る気に入らないなど、業務に関係のないところでの査定が出世に大きく左右します」

「出世する人は、創業者一族に信頼されている人。コネ入社が異様に多く、そうした人も出世しやすい。創業者一族に嫌われれば、どんなに出世していてもいきなり平社員に降格させられる」

「入社2年目のデスクの女の子よりボーナスが劣っており、かなり落ち込んだ。のちに彼女がコネ入社だと知ることになる。同族企業のため、親族の息がかかっている人や秋田出身者以外は出世は難しい」

東北新社社員の平均年齢は40歳

次に、従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

東北新社社員の平均年齢は40.1歳。ざっくり言うと、40歳で「5百万円」前後をもらっている人が多いということでしょうか。

  • 2016年3月期:808人(39.7歳・12.0年)
  • 2017年3月期:832人(39.8歳・12.2年)
  • 2018年3月期:842人(39.8歳・12.3年)
  • 2019年3月期:829人(40.1歳・12.6年)
  • 2020年3月期:890人(40.1歳・12.2年)

東北新社(単体)の従業員数は増加傾向にあり、グループ全体でも2016年3月期の1,582人から2020年3月期の1,632人へと増えていますが、業績は悪化しています。

東北新社の売上高は2017年3月期の640億円から右肩下がりに減っており、2020年3月には599億円に。2019年3月期には、子会社の減損計上もあり16億円の最終赤字となっています。

2021年3月期の通期予想は、売上高が前期比12.8%減の522億円、営業利益が同70.9%減の8.7億円、最終利益は同63.0%減の6.5億円となる見込みです。

利益の8割は広告&衛星放送

東北新社のセグメントは5つ。CM制作等の「広告プロダクション」、映画・番組制作等の「コンテンツプロダクション」、BS/CSチャンネル運営等の「メディア」、版権事業等の「プロパティ」、映像用メディア販売等の「物販」です。

2021年3月期第3四半期のセグメント利益は、国会でも話題になった衛星放送を含む「メディア」が51.2%で過半数を占め、「広告」の33.3%と合わせると8割を超えます。

東北新社の採用サイトには、CM制作からテレビ番組・映画制作、ライセンス営業など幅広い職種紹介がありますが、現在はキャリア採用は実施しておらず、新卒は総合職、技術職、専門職と幅広く募集しています。

2月にはCMディレクターの中島信也氏(福岡県出身)に社長が交代し、企業体質の改善が期待されています。

—–

キャリアチェンジをしながら、高年収を得る道を探りたい方へ。