コロナ禍で”エレキギター組み立てキット”が注目「売上は8倍。ギター業界自体が”今までにない売れ方”」

DIYギターの売れ行き好調

DIYギターの売れ行き好調

新型コロナウイルスの影響でステイホーム需要が増加している。中でも、最も売上が伸びている一つが自作ギターの組み立てキットだ。ECサイト「RockMusicStore」では3月6日、”DIYギター”の新型モデルを販売した。

新しく登場するのは「変形FVカスタムタイプ」(税込2万6500円/以下すべて税込価格)、「TLデラックスセミホロウタイプ」(2万7500円)、「トレモロ搭載TLセミホロウタイプ」(2万9500円)、「フロイドローズ搭載モンキーグリップタイプ」(2万7250円)の4種類。

これまでにヘッド未加工のギター定番タイプDIYキット(1万6500円)からレッド・ツェッペリンの使用で有名なWネック(4万5000円)まで販売しており、左利きモデルもある。

「隠れたブームが来ていることは間違いないかと思います」