「自分の子どもには絶対教員になってほしくない」 文科省の「#教師のバトン」に教員たちが悲痛な声を寄せた理由

「教師のバトン」に託した思いを聞いた

「教師のバトン」に託した思いを聞いた

文部科学省は3月26日、ツイッターなどで「#教師のバトン」プロジェクトを始めた。全国の学校現場の取り組みや、教師の思いを社会に広く知らせるとともに、教職を目指す学生や社会人に参考にしてもらうことが目的だ。同名のハッシュタグを通じて、教員の率直な声を募集している。

同省の専修学校教育振興室は「質の高い教育環境を確保するため、教職を目指す学生に向けて現役の方がさまざまな工夫をして頑張っている姿を知ってもらいたいです」と主旨を説明する。ところが、実際に寄せられたのは過酷な教育現場で日々奮闘する教員たちの悲鳴だった。

「我が子に遺言を残すような思いでツイートしています」