人との関わりが安心な社会をつくる。ShoProの矯正教育事業が生み出す価値

▲転職後、最初に勤務した喜連川センター。その後、黒羽刑務所勤務を経て再び喜連川センターで責任者として勤務しています

▲転職後、最初に勤務した喜連川センター。その後、黒羽刑務所勤務を経て再び喜連川センターで責任者として勤務しています

2021年現在、ShoProで矯正教育事業に携わる八木澤 洋介。刑事事業に民間が関わる意義を感じながら、刑務所内で教育部門と分類部門のマネージャーをしています。安心して暮らせる日本社会の実現を目指し奮闘する彼の想いと、ShoProならではの取り組みをご紹介します。【talentbookで読む】

ShoProの矯正教育事業。人生に生きる喜びと前向きに進む力を

小学館集英社プロダクション

この会社にアクションする