まさに歴史資料!1935年創刊月刊誌『浄土』が全号無料でPDF公開 編集長に経緯を聞いてみた

画像は公式サイトをキャプチャ

画像は公式サイトをキャプチャ

たとえ雑誌を毎月愛読していても、創刊号からすべて読む機会は中々ないだろう。法然上人鑽仰会が発行する月刊誌『浄土』は全バックナンバーをPDFにして公開。ネット上で話題になっている。

創刊は昭和10年、1935年5月だ。第1号には小説家・歌人の岡本かの子や、詩人・作家の佐藤春夫らが寄稿している。戦時中である1945年4月から翌年2月など休止はあるものの、2020年12月分まで発行された949号までが公開されている(4月12日現在)。

ネット上では今年3月、「創刊からのアーカイブとはすごいな」「こんなんもう一種の歴史資料じゃないですか」といった声があがった。公開までの経緯を同誌の村田洋一編集長に聞いた。

「わが国とて楽ではないが……」戦時中の生々しい記述が話題に