若手社員の逆ロジハラにウンザリ「エビデンスという言葉を使えば、“頭が良いと思ってもらえる”と考えている人が多すぎ」

正論で詰められましても……

正論で詰められましても……

セクハラやパワハラをはじめ、ハラスメントにはさまざまな種類がある。最近では、正論をぶつけることにより相手の気持ちを追いつめるハラスメント、いわゆる”ロジハラ”被害に遭う人が増えているようだ。

都内の20代男性(その他/正社員/年収500万円)は「正論が常に正しいとは思いません」と切り出し、前職でのロジハラエピソードを打ち明けた。男性は「残業のことで一悶着ありました」と振り返る。(文:大渕ともみ)

「『残業するなって言われているのに!』とわざわざ大きい声で言われた」