「勤勉な国は生産性が高いはず」 生産性本部会長のコメントに「勤勉にサービスしすぎるからダメなんだよ!」と専門家落胆

12月18日に日本生産性本部が「日本生産性の動向 2015年版」を発表した。それによると、2014年度の物価変動を加味した実質労働生産性上昇率はマイナス1.6%。5年ぶりのマイナス成長となっており、前年度からは2.8ポイント低下している。

そして、この数字をOECD加盟国と比較したところ、日本は34カ国中21位だった。主要先進7カ国では最も低い水準だ。日本の労働生産性は就業1時間あたり41.3ドルで、先進国トップのアメリカ(66.3ドル)より25ドルも低くなっている。