「たけしの超常現象ファイル」が安定のカオス 年末は幻のUMAに思いを馳せる

皆さんは、UMA(未確認生物)の存在について、どうお考えだろうか。「そんなものはいない! 伝説だ伝説」と一蹴されるだろうか。あるいは「ロマンがあっていいよね、いると思うよ」とお思いだろうか。

UMAとはそもそも、生物学的に確認されていない生物の総称で、日本人の生み出した造語である。雪男やネッシーなどが代表的なものとされているのはご存知のとおり。

12月27日に放送された年末恒例特番「ビートたけしの超常現象(秘)ファイル 2時間SP」(テレビ朝日系)でも、UMA情報が紹介されていた。かつて世界中の不思議な事件について紹介する仕事をしていた僕にとっては、たまらないコンテンツである。(文:松本ミゾレ)

アイルランド・マクロス湖に巨大UMA、ドアル・クーが出現!?