職場の人たちとLINEで連絡取り合う? 上司はOKでも部下は「上司とつながりたくない」

国内の利用者数が5800万人にのぼり、もはやLINEはコミュニケーションツールとして欠かせないものとなっている。プライベートのみならず、仕事で使う人も多いようだ。

MMD研究所が557人のビジネスパーソンを対象とした調査によると、「仕事関連の人と利用しているコミュニケーションツール」のトップはLINEで、20代では76.6%に達していた。2014年3月の調査なので、利用率はさらに高まっていると見てよいだろう。

遅刻や欠勤、退職届の利用には「非常識」と批判