中国バブル崩壊で「爆買い」は失速? そんな懸念をよそに新たな需要を掘り起こす動きも

国内最大規模の免税店ラオックス

国内最大規模の免税店ラオックス

いま、来日する中国人観光客の買い物に変化が起きている。団体ツアーで家電を買いあさるよりも、個人でゆっくり服などを買いたいそうだ。2月1日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)は、このニーズにいち早く応える動きを取材していた。

新しい動向にいち早く対応したのが、免税店を展開するラオックスだ。2月1日、大阪・心斎橋にある大丸百貨店に、国内最大規模の店舗をオープンした。羅怡文社長は「今年のラオックス出店で一番重要」と話す。

家電売り場は4分の1に。目玉は「ファッションフロア」