夫の転職に「消防士だから結婚したのに!」と絶望する妻 マツコは「次の消防士見つけるしかない」

世の中の妻は、夫が自分の好きな職業に就いていたら嬉しいものだと思う。たとえば独身時代から佐川男子に萌え萌えで写真集まで買っていたような人が、本当に佐川急便で働く男性の妻になれたなら、その「勝った」感はハンパないだろう。

何が何でも経済力のある人と結婚すると決めて、見事医者の妻の座を掴んだ人は、その人生に達成感を覚えるに違いない。しかし、ある特定の職業が好き過ぎることで、夫婦が離婚危機に陥るケースもあるようだ。(文:みゆくらけん)

パチプロに「め組の大吾」読ませて感化させた