「日額6500円」徳島県が移住希望者に用意した仕事が「安すぎる」と物議 生活するには「若干厳しいかも」と担当者も回答

過疎化が進む地方では都心部から移住者を集めようという試みが近年盛んに行われている。昨年12月の毎日新聞によると、2014年度に地方自治体の移住支援策などを利用して地方に移住した人は1万1735人。5年前の2009年度に比べて4倍以上に増えているという。

徳島県でも、「vs東京」を掲げ、「移住・定住による活力ある地域づくり」に取り組んでいる。4月4日には、移住のネックとなる「仕事の確保」の問題を解決するため、移住対象者向けに「地方創生推進員(県非常勤」の募集を開始した。しかし、その給与が安すぎるのではないかと批判が集まる事態になっている。

臨床心理士や看護師など資格が必要な業務も