社員全員参加の運動会にBBQ――ウンザリするような社内イベントはなぜ企画されるのか

社内運動会なんて出たくない!

社内運動会なんて出たくない!

ときおり昔の嫌な思い出を夢で見る。この前は僕が若い頃に3年ほど働いていた、地元のレンタルビデオチェーンの、レクリエーションに参加していた日の夢だ。

社員とアルバイトが30人ぐらいいただろうか。全員ムサいおっさん。この30人でボウリングをしたんだけど、盛り上がるわけがない。企画した奴は頭がおかしいのかと思った。

その後はこのメンバーで食事をとったんだけど、なぜか自然食がウリのレストラン。野菜のバイキングだの麦飯だの、当時20代前半の僕にとっては、なんの楽しみもないメニューだった。社長行きつけの店らしいが、マズかった。当時は「修行なの?」と100回近く愚痴っていた記憶がある。そんな嫌な思い出を、夢に見た。(文:松本ミゾレ)

「楽しいことを社員みんなでやれば仲良くなれるはず」という浅はかな考え

5月15日、2ちゃんねるに「会社のイベント参加したくないランキング」というスレッドが立った。スレ主が投稿した内容はこんな感じだ。

SS:社員旅行
S:BBQ
―――死んでも参加したくない壁―――
A:ゴルフ
B:三次会
C:二次会

この手のイベントの特徴は、どれもこれも会社以外のメンバーでやればそこそこ面白いというところにある。「楽しいことを会社のみんなでやれば、社員も仲良しになって、やる気もアップするのではないか?」と、企画をする人間が浅はかな考えを持っているのだろう。