「給料が発生すると、社会に必要とされてるって思える」 オードリー若林の仕事観・給与観

「充実感の欠如」と収入の関係は

「充実感の欠如」と収入の関係は

給料が安くても誇りを持って仕事に向き合う――。その姿勢は尊いことですが、やはり十分な収入が得られないと、いい生活ができないだけでなく「社会とのつながり」が実感できないという側面もあるでしょう。

5月20日放送の文筆系トークバラエティ「ご本、出しときますね?」(BSジャパン)では、MCのオードリー・若林正恭さんが「仕事がなくなる強迫観念」がいまだにあると明かしました。バラエティー番組で司会を務め、CMにも出演する売れっ子芸人の若林さんに、そんな思いがあるとは意外です。(文:篠原みつき)

「社会につまはじきにされてるような思い」に苦しんだ過去