「なんでこんなに苦しい就職活動を作ったのですか」「死んでしまいたい」――匿名ブログで心情吐露した就活生にエール殺到

6月から経団連加盟企業の面接選考が始まった。とはいえ、解禁前から学生に接触し、1日に内定を出したというケースも多く、ツイッターでは内定報告が相次いでいる。

売り手市場ともいわれている就活戦線だが、内定が取れない就活生にとってその辛さは変わりない。6月18日、ある就活生がはてな匿名ダイアリーに「就活のせいで自殺するかもしれません」と投稿した。

「自分は社会から必要ない、とただ烙印を押される作業」