大人のADHD、なぜいま増えている? ものづくりの職場が減り、高い「コミュ力」求められる現代社会

もしかして、私もADHD?

もしかして、私もADHD?

最近ネットで、「ADHD」という言葉を多く見かけるようになった。ADHDとは注意欠陥・多動性障害といわれ、「しょっちゅう忘れ物をしてしまう」「部屋が片付かない」「衝動的に行動する」などといった特性がある発達障害の1つである。

有名人ではモデルの栗原類や経済評論家の勝間和代、タレントの黒柳徹子などがADHDを告白しているが、最近これが原因で職場や結婚生活でミスを責められ、鬱病などを引き起こす大人が増えているという。7月7日の「みんなのニュース ワンダー」(関西テレビ)が伝えた。(文:みゆくらけん)

うつ状態で退職「自分は迷惑をかける人間」