「彼氏にガンダムをやめてほしい」への反論がオタクの悪いところを凝縮していてキツい! 「これだからオタクが引かれる」という声も

オタも寛容にならなければ……

オタも寛容にならなければ……

人はそれぞれに異なる趣味や嗜好を持っている。ある人にとっては「なんだこんなもん」と思えるようなコンテンツも、別の誰かにとっては、たまらない魅力を感じるものだったりする。今回は、その趣味についてのお話を掘り起こしてみたい。(文:松本ミゾレ)

オシャレだと思っていた彼氏の部屋にガンプラ

先日、2ちゃんねるで「彼氏にガンダムをやめてほしい」というヤフー知恵袋の投稿が話題になっていた。知恵袋の投稿内容はこんな感じだ。

「お互い25歳です。彼氏のアパートに初めて行ったのですが部屋にはプラモがありました。外で会うときにはタケオキクチやZARAとか着てくるのでガンダム趣味だとは思いませんでした」

おそらく彼女は、オシャレな彼氏のことが大好きだったのだろうが、いざ家にお呼ばれされると、部屋の中にガンプラがあることに、理想の彼氏像とのギャップを感じてしまったということだろう。

元々の投稿は8年も前のものなので、既にこの女性は彼氏と破局している可能性が高いんだけど、まあ、よくある話ではある。

ガンダム好きの9割以上は「オタクではない」と謎の主張をする回答者