【やっぱり…】最初の就職が人生に及ぼす深刻な影響 スタートが非正規だとその後も「心理的ストレス」を抱えることに

多くの人が苦戦する就職活動。学生は企業研究を行い、大量のエントリーシートを提出し、面接に臨む。やりたい仕事に就くという目標以外に安定した雇用を手に入れることが目的という人も多い。

一度非正規雇用になってしまうと、正規雇用に就くことが難しいと言われているが、実際初めての職はどれほど意味を持つものなのだろうか。「初職がその後の人生やメンタルヘルスに及ぼす影響」という論文では、初職が正規雇用以外の場合、現在の職や経済状態、婚姻状態、メンタルヘルスにどのような影響を与えるかを分析している。

「初職でつまずくことは、それ自体が人生の失敗として受け止められる」