美容師の待遇、なぜこんなにも悪いのか 長時間拘束の肉体労働なのに平均年収は284万円

オシャレで華やかなイメージのある美容師。日本パーソナルファイナンス協会が発表した2015年の「小学生のなりたい職業ランキング」では、美容師は小学生女子のなりたい職業7位にランクインしており、人気の高さがうかがえる。

一方で、その労働環境はあまりよくないのが現状だ。入社3年目の美容師の退職率は約70%というデータもある。美容師の待遇の悪さはネットでも度々議論されており、7月24日にも2ちゃんねるに「美容師ブラックすぎてワロタ」というスレッドが立った。美容師をしているスレ主が、

「半年経っても有給は10日貰えない(あっても使えない) 毎日サービス残業 薄給 ボーナス無し ただでさえ自分の時間取れないのに休みとらしてくれよ」

と待遇への不満をぶちまけている。

営業時間終了後は技術向上のために遅くまで練習、しかし手取りは10万円台後半