足湯しながらコーディング!――温泉宿で学生がサービス開発に挑む2泊3日のエンジニアインターンに密着!

みなさんこんにちは! 平成広報女子会に所属するレバレジーズ広報の吉田です。番外編第3弾となる今回は、いま注目の「エンジニア採用」についてご紹介します。

最近ベンチャー界隈では「エンジニアが足りない」「優秀なエンジニアが欲しい」といった悩みを抱え、「履歴書不要」「コードの提出のみでOK」などといったユニークな手法で採用に取り組む企業が増えてきています。

人材メディア事業などを手掛けるレバレジーズ(東京都渋谷区)もそのひとつ。弊社では、2014年よりエンジニア/デザイナー志望の学生を対象とした採用・インターンで「ハッカソン」を実施しています。

「ハッカソン」とは”ハック”と”マラソン”を合わせた造語で、一定期間に集中的にプログラムの開発やサービスの考案といった共同作業を行い、その技能やアイデアを競う催しのこと。2018年度入社の学生を対象とした今年の会場は……温泉宿!

足湯に浸かりながらコードを書く参加学生たち

足湯に浸かりながらコードを書く参加学生たち

第1回が2016年7月8日~10日に実施されたので、早速その様子をレポートします。

企業の第一線で活躍するエンジニアが指導、みんなで課題解決策を考える