愛知県警の「12星座別の交通死亡事故の特徴」が話題 一番危険なのは水瓶座、一方で「オカルト」という声も

警察庁によると、2015年の日本の交通事故の死者数は4117人。年々減少傾向にあるものの1日平均で11.3人が死亡していることになる。

そんな中、「星座から見た交通死亡事故の特徴」という調査結果が話題だ。元々は愛知県警が昨年9月に発表したもので、先月末にとあるブログで紹介され、ネットでも多数の反応が出ている。

「おひつじ座:追突事故が多発」「おとめ座:一時不停止による事故が最多」