吉祥寺、中目黒も――実際に住んでみてわかった「住みたい街」のがっかりポイント

雑誌やネットの「住みたい街ランキング」などで度々目にするあの街。全国的な知名度を持つブランドと化しているが、実際の住民や不動産業者の証言などから、住みたい街の意外な実情を探ってみた。(取材・文:伊藤綾)

■急ピッチの再開発にインフラ面が追いつかず 武蔵小杉

タワーマンションが立ち並ぶ

タワーマンションが立ち並ぶ

2007年頃から官民一体の再開発で駅の近くにタワーマンションが乱立し、新住民が一気に流入した武蔵小杉。分譲価格や賃貸物件の相場は決して安くないが、それでも武蔵小杉が選ばれる理由が電車の便の良さだ。

新駅が開業しJR横須賀線や湘南新宿ライン、成田エクスプレス、スーパービュー踊り子まで停車するため、品川駅や東京駅、新宿駅にも乗り換えなしで行ける夢の駅である。

北口ロータリー歩道橋から。住宅などが入る複合施設を建設中。もちろんタワー

北口ロータリー歩道橋から。住宅などが入る複合施設を建設中。もちろんタワー

現在、再開発は駅の北側へとシフトし、相鉄・東急直通の鉄道新線工事は2019年4月の開業を予定。一旦は落ち着いたと思われた不動産価格もまた最近になって上昇傾向にあるという。

しかし、一方で駅の処理能力問題が深刻化している。駐輪場も慢性的に足りておらず、新駅と東横線の両駅の中間エリアでなければ、駅内の移動に最低5分は余計に見積もりたい。

歩道も狭く、自転車の運転もなんだか危なっかしい

歩道も狭く、自転車の運転もなんだか危なっかしい

また、住宅地から駅までの導線も細く、武蔵小杉周辺には府中街道、中原街道、綱島街道と三本の幹線道路が存在しているが、いずれも片側一車線が基本と貧弱。拡幅計画も存在するが、歩道の整備も不十分な現状で脇をひっきりなしに車が通り過ぎていくだけに、時には身の危険を感じることもある。

■ポテンシャルの高さゆえに弱点が目立つ 吉祥寺