「キリ番」「キボンヌ」「香具師」――今や死語となったネット用語、みんなどこまで覚えてる?

ネット黎明期のアングラ感が懐かしい

ネット黎明期のアングラ感が懐かしい

総務省の「情報通信白書」(2015年度版)によれば、日本のインターネット普及率は82.8%とされている。パソコン、スマホ共に今では生活の必需品となってしまった。

僕だってネットがあるから、いちいち出社せずに仕事をすることができる。今でこそネットは使えて当たり前という時代になったけど、思い起こせば2000年前後は、まだ携帯すらそんなに普及してなかったし、パソコンだって今よりもっと大きく、ダサいものばかりだった。

既にインターネット掲示板はあったけど、今のようにSNSとかまとめサイトもなかったし、YouTubeにはアップされてはダメなものもアップロードされまくっていた。

ネットは今よりももっと混沌としていたし、犯罪に直結するような情報がやり取りされるようなサイトもあった。今回は、そういう時代を知っている人なら「なんかそんなのあったな」と思える話を紹介したい。(文:松本ミゾレ)

ネットスラング十年一昔、今では使われなくなったあれやこれや