「子どもに無理やり読書させるべきでしょうか?」――迷える母に超絶正論「子どもは自分が好きなことを勝手にやります」

親としては子どもに読書好きになってもらいたいものですが、アニメやゲーム、ネット動画など、親世代の時代よりも手軽な娯楽が増えた今、自ら進んで読書をする子どもは多くはありません。

12日中旬、発言小町で「読書嫌いの子供に読書を無理やりさせるべきでしょうか」というトピックが立ちました。トピ主は小学校高学年男子の母親。息子はとにかく読書が嫌いで興味がない、幼少期から絵本の読み聞かせも聞いてくれず、楽しいのは外遊び。愛読書はコロコロコミック、ゲームと動画が大好きとのこと。

母である自分は読書好きなので本の楽しみを知ってほしいけれど、「無理強いするのも?」と迷いがある様子です。(文:篠原みつき)

「息子さんは、あなたの所有物ではありません。思い通りにいく訳無いでしょ」