年賀状はもはやオワコンか? 元日の配達枚数は8年連続で減少、LINEでの新年挨拶も若者を中心に広がる

年賀状を書く人が減っている。日本郵政が1月1日に発表したデータによると、年賀状の元日の配達枚数は1人当たり約13通の約16億4000万枚。昨年から約6%減少した。前年割れは8年連続だ。

また、読売新聞が9日に掲載した記事によると、2017年の年賀状発行枚数は約30億枚の見込み。ピーク時の2004年の約44億6000枚から大幅に減少した形となった。

個人情報保護の概念が広がり、知人の住所を知らない人が増えた?