大阪市がプログラミング教育に「無償協力」する事業者を募集 ネットでは「誰が協力するんだ」という声も

大阪市が小学校でのプログラミング教育に無償で協力する事業者を募集している。報酬が支払われないため、「誰がやるんだ」と呆れる人が続出する事態になっている。

市は1月12日、「平成29年度小学校段階からのプログラミング教育の推進に当たり協力事業者を募集します。」というページを公開。次の事業のいずれかに協力してくれる民間業者を募集している。

「小中学校におけるプログラミング授業づくり」
「夏休みや土日等のプログラミング体験の提供」
「教材・テキストの貸し出し、教員研修等その他の協力」

無償ではあるが「プログラミング教育の知見が得られる」と説明