「高学歴、役立っていますか?」と問う女性の告白 「収入でも家庭生活でも、何の役にも立っていません」というけど

先日発言小町に、「高学歴、役に立っていますか?」と問うトピックが立った。トピ主は小学生の子どもを持つ会社員の母(42歳)で、子どもの進学を考え始めたとき疑問が生じたようだ。

自身は中学受験をして都内の国立大学を卒業、新卒入社で勤続20年、結婚・出産を経て、給料は平均的なサラリーマンくらいだという。しかし、自嘲気味にこう漏らす。

「収入でも昇進でも、ましてや家庭生活でも、はっきり言って、あの時の”勝利”は全く活かせてませんし、何の役にもたっていません(苦笑)」

周りを見まわしても同じで、東大院卒からマーチ(明治・青山学院・立教・中央・法政)くらいまでいるが、昇進や役員就任には関係がなく実力差。どこの大学を出たかなど話にも上がらない。

中高は推薦枠もあったが、あえて困難な道を選び勉強に励んだだけに、「上を目指した意味は何だったのだろうかと考えてしまいます」と虚しさこぼす。最後に「高学歴をどんな風に活かしていらっしゃいますか?」と問いかけていた。(文:okei)

「就きたい職に就ける」人脈や教養を挙げる人も