「いきなり婚」を支持する人は4割 一方で「とり婚」を許容できる人はごくわずか

婚活支援を行うパートナーエージェントは2月21日、「結婚観」についての調査結果を発表した。その結果、約6割が「恋愛結婚」をしてみたいと思っているほか、4~5割が「さずかり婚」や「いきなり婚」などを支持していることがわかった。

調査は、今年1月20日~22日、20~49歳の独身男女2190人を対象に実施。リリースでは、「恋愛結婚」「さずかり婚」「事実婚」「週末婚」「いきなり婚」「別居婚」「契約結婚」「とり婚」の8つの形態の結婚を紹介している。

「契約結婚」も4割に支持される