「マナーが良い喫煙者は非喫煙者の前でタバコを吸わない」に賛否 気を使いっぱなしの喫煙者が「気の毒」という声も

受動喫煙防止策が強化される中、何かと喫煙マナーが取りざたされる。全ての喫煙者のマナーが悪いわけではないが、中には所構わずスパスパ吸う人もおり、喫煙者を苦々しく思う嫌煙家はいるだろう。

そんな中、とあるツイッターユーザーが2月28日に投稿した「マナーの悪い喫煙者の見分け方」に関するツイートが注目を集めている。投稿者は次のように書いている。

「非喫煙者の遭遇する喫煙者がマナー悪い人ばかりに思えるのは、マナーの良い喫煙者は非喫煙者の前では吸わないから。非喫煙者に喫煙者と認識される時点で、第一選抜を通過してる」

「これな。マナーのいい喫煙者はそもそも非喫煙者の目に映らない」