北大入試の英語が話題――日仏の労働環境を比較し日本の長所を書く難問「非常に書きにくかったはず」と予備校困惑

長時間の残業をはじめ、日本の労働環境がひどいことは、皆さんご存じの通りだろう。長い夏休みを取れるヨーロッパのワークスタイルを聞くにつけ羨ましさが募る。

日本の労働環境の長所を挙げよと問われても困ってしまうレベルだが、まさに、そんな超難問が2月25・26日に行われた北海道大学の前期試験の英語で出題されたという。

「どこに長所が書いてあるんだ」「nothingと書くのが正解では」