「月100時間残業」って実際どうなの? 「記憶飛んでた」「吐きながら仕事」と経験者語る

時間外労働の規制が、繁忙期「月100時間未満」で決着しそうだというニュースが世間を賑わせている。原則として「月45時間、年360時間」「年720時間の枠内で繁忙期には最大月100時間、2~6か月の平均でいずれも月80時間」という上限で落ち着くようだ。

これまでは、特別条項付きの36協定を締結すると残業に上限が設けられなかったことから、今回の規制を評価する声もある。しかしたとえ1か月でも過労死ラインの80時間を超えて残業するのはかなり過酷だ。

月100時間の残業を経験した人々からは、その過酷さを訴える投稿が相次ぎ、2ちゃんねるにスレッドが立ったり、トゥギャッターにまとめが作られたりしている。

「何のために生きとるかわからんようなる」