「女になるなんてアホだね」と言われた――性同一性障害の僧侶が都内で講演

東京都江戸川区の證大(しょうだい)寺が、日本の寺院業界として初めてLGBT問題に本格的に取り組み始めている。職員への研修会や当事者を招いた座談会を皮切りに、3月24日には、性転換をした高野山真言宗の僧侶、柴谷宗叔さん(63)を迎えて講演会を開いた。

当日は、證大寺・銀座道場に20人ほどの当事者と僧侶・職員が集まり、柴谷さんの講演に耳を傾けた。

「新聞記者時代、唯一心が休まったのは、ゲイバーで仲間と話しているとき」