「同じ長時間労働だったら、都会で苦しむほうが絶対まし」 地方市役所勤務(25歳女性)の場合

【シリーズ残業100超】「実は先月半ばから休職しているんです」――。消え入りそうな声で彼女は言う。

「ここのところ、死にたいなあしか考えられない日が続いていたんですけれど、ついに朝起き上がれなくなっちゃって。親になんとか病院まで連れて行ってもらったら、3か月療養に専念しましょうって言われちゃいました」

今回は、東北地方の市役所に勤務する宮森みさきさん(25歳女性・仮名)に取材をお願いした。過労で倒れた宮森さんは、社会人生活3年目を自宅療養で迎えることになった。

「こんなことになるなんてね」と笑う声は、穏やかながらもどこか自嘲気味だ。

夢見て帰った地元でぶつかった過重労働「昼休みなんてあってないようなもの」