「年収400万円で一生独身」は可能? 昇給無しを想定して、FPに試算をお願いしてみた

国立社会保障・人口動態研究所の発表によれば、生涯未婚率は男性23%、女性14%で過去最高を記録したと言う。一生独身で暮らすことを現実的な選択肢として持つ人もいることだろう。

3月下旬のガールズちゃんねるでは、「年収いくらあったら一生独身でもいいですか?」というスレッドが立っていた。1000万円や2000万円という高額な数字も並ぶ一方、現実的な数字として目立ったのは300万円や400万円だった。

では仮に、年収400万円で退職後まで不安なく暮らすことはできるのだろうか。キャリコネ編集部ではこの疑問を解消すべく、ファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんに2つのケースで試算していただいた。

実家暮らしか賃貸かだけを相違点とし、他の条件は同一だ。35歳時点で貯蓄が400万円、都内で正社員、奨学金を借りており、親の介護費用は両親の貯蓄で賄う。定年の60歳まで同じ手取りで働いたのち、65歳までは何らかの方法で収入源を確保するとした。なお、実家を相続した際の税金などは計算に入れていない。

実家暮らしは余裕あり。ただし定年後も細々と働き続けること必須