「週刊文春」編集長が新潮「カンニング」疑惑に反論 「他メディアの動向を把握するのは日常的なこと」

「週刊新潮」が5月18日発売号で、「週刊文春」に自分たちのスクープを取られたと告発した。週刊文春を発行する文藝春秋の社員が、発売前の週刊新潮の中吊り広告をコピーし、自社に持ち帰り、それを参考に記事を書き換えていた、としている。「スクープ泥棒」とかなり強い言葉を使っている。

この記事を受け、週刊文春は18日、サイト上に編集長の新谷学氏の名義で「『週刊文春』編集長から読者の皆様へ」という文書を発表。疑惑を否定した。

「読者の皆様に堂々と胸を張れる独自スクープをお届けすることをお約束します」