JR新小岩駅が人身事故対策でロープ導入 成田エクスプレス通過時に警備員が手動で展開

写真の中央を布の結びつけられたロープが伸びている。

布の結びつけられたロープが伸びている。(写真中央)

飛び込み自殺が多いことで知られているJR新小岩駅(東京都葛飾区)。昨年末にはホームドアの設置が決まったが、それまでは警備員が手動でロープを張って人身事故を防いでいるという。

記者が新小岩駅を訪れた6月5日午前、総武線快速のホームには10人もの警備員が配置されていた。快速電車がホームに到着する度に、黄色い線の内側に下がるよう乗客に呼びかけている。

そして、成田エクスプレスやしおさいといった特急列車が通過する時には、警備員が手動でロープを張る。ロープはホーム上の柱に設置されており、特急通過前にそれをつなげて人が線路に近づけないようにする。特急が通過したらロープをすぐに片づける。

ホーム上にある柱にロープが設置されている。

ホーム上にある柱にロープが設置されている。


特急通過前にロープを張る。

特急通過前にロープを張る。


駅の各所に貼り紙「あの人この人に支えられ今を生かされ生きている」